どこからも借りれない場合

どこからも借りれない場合

どこからも借りれない場合 関連記事





中小消費者金融がだめなら債務整理をするだけ


もし、消費者金融の審査で通らなかった場合、お金を借りることを諦められるのなら、それはそれで良いことです。
しかし、その金融会社が大手消費者金融や銀行カードローンの場合は、中小消費者金融会社での借入が可能です。
審査基準が違うので、借りれる可能性はゼロではないです。

中小消費者金融の存在
多分、中小消費者金融の存在を知る方は、大手消費者金融審査落ちになったから、慌てて借りれる場所を探したときでしょう。
一度審査落ちで、今の自分で借りるとこがないと諦めてしまう方の方が多いのだと思います。中小消費者金融の存在を知らないから。
しかし、インターネットではブラックでも借りられる金融業者を簡単に探す事ができ、ブラックでキャッシングローンを組むことは可能です。
生活のためのお金、支払いができる借金であれば、審査通過もあり得る話です。

甘い審査
銀行や大手消費者金融カードローンの審査と比較して中小消費者金融の審査は甘いです。
多重債務者、債務整理者も総量規制範囲内であれば、融資実行率は断然高く、ブラック対応業者として、審査基準を大きく下げています。
クレジットカードのキャッシング枠よりもずっと審査は甘いです。
大手消費者金融では申し込みができない専業主婦も、配偶者貸付制度を使えば、少額のキャッシングもできます。
申し込みブラックにも対応していて、大手消費者金融で諦めるのはもったいない、そんな方も多いです。

中小消費者金融でも借りられない
当然中小消費者金融の審査落ちもいますが、延滞ブラックです。
金融機関に延滞している状態がある、借金返済をしていないときがあれば、中小消費者金融の審査でも通せないです。
この場合、どんな理由があるにせよ、信用を勝ち取ることができません。
担当者は、延滞者の言い訳については受付しないところが厳しい点といいます。
なんとか現金を作って、他社借入の延滞情報を作らないうちに中小消費者金融に行くことをお勧めします。
とはいっても、すぐに延滞してしまう場合は、同じことの繰り返しになります。
自動車ローンなど目的ローンの延滞者等もキャッシングの審査にひびきます。

中小消費者金融審査落ちの場合
間違った方向としては闇金です。
ソフト闇金等も多分キャッシングができるかもしれませんが、その返済はどうするのでしょうか?
正規金融業者以外からの借入については、厳しい取り立てで人生が狂ってしまう場合も多いです。
闇金などでは、うちの借金は総量規制対象外だから借りれるというような誘い文句もあります。
正確には総量規制とは無関係ですが、法律を無視したい方な借金であり、延滞者を食い物にする甘い審査ではなく甘い汁です。
中小消費者金融審査落ちの報告は、絶望の淵に立たされることになりますが、同時借金が絶対にできないことを認識して下さい。
そして、向かう先は弁護士など債務整理の方向です。
もし多重債務者であれば、債務整理で大きく希望が開けます。
債務整理が、再生の道のスタートだからです。


▲TOPにもどる



債務整理をしよう、弁護士の無料相談


金融機関では、キャッシング申込に際しては審査を行います。
何かの理由で借りれない場合は、審査落ち。
その理由は教えてくれないです。

審査基準の違い
銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融会社が主なキャッシング業者ですが、上から審査基準が厳しい順番になっています。
ですから、最終的に中小消費者金融で借りれないことで、今の自分は、キャッシングができないと諦めることが重要です。
中小消費者金融では、ブラック対応で甘い審査が期待できます。
そこでもダメなら、多重債務者なら債務整理が妥当。
法律事務所などの借金相談をしてみるのも一つの手です。

過払い金はありませんか?
ここ数年、弁護士がCMに出演したり、法律事務所の宣伝を良く見ます。
一時期より少なくなった印象もありますが、過払い金請求の有無の宣伝をしています。
貸金業法の改正によって、利息制限法が低く定められ、グレイゾーンだった法律外の利息分を過払い金請求としてできる事になりました。
その相談を受付るということでしたが、2017年がだいたいの過払い金の時効になるものがほとんどです。
もし、過払い金があるのなら、完済した借金でも請求が可能です。
また、過払い金だけでなく、借金相談として債務整理関係も受付るところがほとんどです。
ですから、金融業者で借りれない人も過払い金関係なく、今の借金の状態を相談、解決することができます。
最初は無料になっていますから、中小消費者金融の審査落ちの方は是非相談に行くと良いでしょう。
これが大手消費者金融審査落ちの場合、弁護士のほとんどは、ここで債務整理をすることを勧める場合が多いです。

本当は債務整理は早いほうが良い
消費者金融会社で、一度でも審査落ちをしてしまったとき、甘い審査に行くことで、現金を手にすることは悪いことではありません。
審査基準が違えば、ブラックでも中小消費者金融の利用が可能です。
多重債務者ならまとめローンもあります。
金利が低くなって毎月の返済負担は減りますが、総返済額はとても大きくなり、最終的に債務整理をする方は多いです。
厳しい銀行でのカードローンが利用できない、借金返済が苦しい場合、自動車ローンなどの目的ローン以外の債務整理を行うことは可能です。
よくCMなどで、借金がゼロになるとか、大幅減額に成功とあります。
あれは現実の話として、債務整理対応業者もとても多いです。

法律事務所では無料相談を展開
債務整理だけではなく、借金についての相談はたいてい無料です。
そして、弁護士に債務整理を依頼したそのときから、支払いをしなくても良いのです。
それだけでもメリットは大きいでしょう。
大手消費者金融審査落ちで、中小消費者金融に行くのではなく、債務整理をして、しばらく借金生活なしの方が良い方は多いです。


▲TOPにもどる



延滞者の運命はいかに 


例えば、楽天カード。
銀行カードローンとしては、専業主婦も作れるもので簡単に申し込みができます。
信用情報などで問題がないと即キャッシングができます。
ただし、借金返済が大変になって、支払いが遅れたりすると、キャッシングはストップします。
では、大手消費者金融や中小消費者金融に申し込みをしてみたとしても、延滞している状態ですと、すべて審査落ちです。
八方ふさがりとは、延滞者の定めです。

延滞しているとどうして借りれない?
延滞は、信用を裏切る行為です。
多重債務で、審査基準に合わないから審査落ち、債務整理後年数が経っていないから借りれないというような金融事故とは別物です。
支払いができないから借りたいと言うのは、この借金も返済ができないと思うのは当然のことです。
今度のボーナスで支払うからといったとしても、じゃその証拠はある?確証はある?というのは未来のことです。
そうではなく、延滞しそうだから借りたい。
中小消費者金融の審査基準では、申込後が延滞しそうな人という判断は、過去に支払いをきちんとしていればそうは思わないです。
ですから、延滞前のキャッシングなら可能性は大きいです。
しかし、一度延滞をしてしまったら、すべての金融業者での審査落ちになってしまいます。
与信としては、延滞者対応業者は、現在はゼロです。

クレジットカードも同じ
クレジットカードはショッピングとキャッシング枠がありますが、こちらも延滞に関しては、消費者金融と同じです。
キャッシングは総量規制範囲内であり、消費者金融のキャッシングと同じ分類です。
生活費がなくなってしまうから、今月は支払いができませんと理由を述べたところで、それは困りますという展開になってしまうのです。
延滞ブラックは、救いようがない立場であり、正規金融業者では貸してくれません。
延滞しているので、まとめローンをしたい。
多重債務の分を改めて借り換えをして、すべて返済をします。
延滞していないブラックではない方がそういうのなら良いのですが、延滞していると、こちらも審査落ちです。

延滞者歓迎、ここしか借りれないでしょ?
これは闇金です。
最近はソフト闇金は少し厳しい審査らしいモノがありますが、闇金は原則OKです。
専業主婦も無収入も延滞者もいくらほしいですか?という展開です。
もちろん信用情報なんと関係ないですが、金利は半端ないです。
むしろ10倍、100倍の返済額になってしまうこともあり、返済できないとなると、とんでもない取り立てに遭うことも。
自分だけではなく、家族や近所、勤務先にも多大な迷惑をかけることになります。
延滞者が現金がほしいために、闇金に行き返済ではないことで、まわりに影響が出ると言うのは無責任な行動と言わざるをえません。

延滞者は弁護士に相談も良いけれど
要は、延滞をしていると融資実行率はゼロになります。
債務整理の必要性が100%になってしまうのですが、延滞ブラックが解消できる予定があるのなら、そこまで待ってからの甘い審査の中小消費者金融に行く方法もあります。
ただし、この先必ず完済ができる、収入の目処が完全についているという方が条件です。


▲TOPにもどる



申し込みブラックって知っていますか?


申し込みブラックは、大手消費者金融や銀行カードローン審査では絶対に通らないブラックリストの一つです。
ただし、中小消費者金融の融資実行率は高いことをご存知ですか?

申し込みブラックとは?
大手消費者金融会社では、短期間に繰り返し申し込みをしている方は危険人物としてチェックします。
何度も申し込みということは、毎回審査落ちのブラックです。
それなのに、しつこく申込をしてくるのですから、その行為がブラックリスト要件です。
だから、最初で審査落ちなのだから、ダメだっていってるでしょう、ということです。
違う大手消費者金融会社に申し込みをしたとしても、個人信用情報機関の確認で、いつどこでどこの金融業者にキャッシング申し込みをしているかはすべてバレます。
クレジットカード会社、銀行カードローンでもすべて把握する情報です。

審査落ちの原因
最初の審査落ちの原因を解消しなければならないのですが、それとは別になんども申し込みしてしまう行為そのものが申し込みブラックの烙印です。
しかし、中小消費者金融では、基本的に大手消費者金融審査落ちでも借りれるブラック対応ですから、申し込みブラックに対しての審査落ちはないです。
最初の審査落ちがなにであるかを問題にします。
中小消費者金融の担当者は直接話をする機会も多いので、あなたは申し込みブラックになっていましたと教えてくれる場合もあります。
これでは大手さんでは無理ですね、と言われた方もいます。

申し込みブラック、どうして中小消費者金融では審査通過ができる?
一つは審査基準が甘いからです。
最初の審査落ちになったときに、大手消費者金融にいかずにそのまま中小消費者金融に行けば、申し込みブラックにはならなかったのです。
どのような審査落ちがわからないのですが、そこで中小消費者金融の審査基準に合えば解決です。
しかし、最初の審査落ちが延滞や5社以上の多重債務者、先月債務整理をしましたという方の場合、甘い審査でも審査落ちです。
この程度の金融事故では、申し込みブラック以前の問題が大きいです。

申し込みブラックにならないために
申し込みブラックの金融事故は半年間申し込み不可の状態が続きます。
それまで、中小消費者金融では審査通過ができるブラックだったのに、新たに申し込みブラックが加わるのです。
ただし、中小消費者金融では借りられることが多いのですから、申し込みブラック後に行くのもよいのですが、できれば回避したいブラックです。
そこで、大手消費者金融審査落ちになったときには、すぐに審査の甘い中小消費者金融に行くことです。
ここで借りれないのであれば、今回のキャッシングは諦めるのですが、大手消費者金融や銀行カードローンを堂々巡りすることはしないことです。
単に申し込み情報の入力ミス、在籍確認が時間的に無理だっただけの審査落ち何ていうのもありです。


▲TOPにもどる



簡易審査の結果で申し込みを決める

 
消費者金融や銀行カードローンなどのホームページのTOPには簡易審査があります。
キャッシングができるか簡単に調べるページなのですが、年齢・年収・他社借入状況だけを無記名で入力するだけです。
これは本当の審査ではなく、その金融業者で対応できるかを簡単に調べるだけです。
個人信用情報機関に記録も残りませんし、方法も簡単です。
怪しいという場合は、OKではなく電話を下さいとなりますが、最初から内容がダメな場合は、NGです。
もうそこの業者には申し込みをしないことです。

簡易審査と本格申込の内容
ここでOKですと、本格的に個人情報も入れるのですが、ここからの情報はすべて個人信用情報機関に記録が残ります。
すでに多重債務者の場合は、審査内容の上書きです。
年数が経っていれば、住所が変わったり、転職していることもあります。
当然年収は前後しますが、現在の借入件数と延滞情報については正確に書きましょう。
ここで、個人信用情報機関と個人情報に違いがあると虚偽記載になります。
年齢もごまかしはバレます。
簡易審査だけは何度やっても良いのですが、申し込みは入力した時点で審査が開始され、信用情報にも掲載されます。

債務整理の有無も記入
信用情報は、借金のすべてが記載されています。
債務整理もそうですが、ここで2、3年しか経っていないと、大手消費者金融や銀行カードローン審査では通過はできないです。
ただし、中小消費者金融では、自己破産でも任意整理や個人再生では返済中でもキャッシングができる対応業者もいます。
そして、専業主婦ですが、大手消費者金融ではNGで、中小消費者金融では配偶者貸付制度があれば対応できます。
ただし、配偶者の年収、信用情報の審査があり、ブラックなら借入ができないでしょう。
本人も配偶者も債務整理をしているようでは、今回のキャッシングはできないです。

中小消費者金融の審査落ち後は債務整理しかない
多重債務者が大手消費者金融審査落ちになって、中小消費者金融の審査を受けたとき、まとめローンの存在も気になります。
総量規制対象外であり、フリーローンよりも多少低金利のまとめローンでは、新規キャッシングではなく多重債務の分の借入になります。
まとめて返済ですからも、一見良いのですが、返済負担が大きくなってしまうことがあります。
多重債務者でまとめローンか債務整理か迷う方もいますが、この選択に迫られた場合は、絶対に債務整理です。
この状態で、まとめローンをしてしまうと、早い時期に債務整理をする方が多いといいます。

▲TOPにもどる


トップ 多重債務可おまとめローン 多重債務可借入無料相談 借金整理の匿名無料メール相談