2社 借り入れ アルバイト お金 借りたい

2社から借り入れ アルバイト お金借りたい

  1. お金借りたいならアルバイトでも2社から借り入れできる!
  2. お金借りたいアルバイトが可決するためのポイント
  3. アルバイトでお金借りたいなら楽天とみずほ2社から借り入れ!
  4. アルバイトでも2社から借り入れる?
  5. 2社から借り入れ以外にクレジットカードのショッピング枠も

 

 

お金借りたいならアルバイトでも2社から借り入れできる!

銀行系ローンや、消費者金融系カードローンなどを利用して、お金借りたいとき、

もしかしたらアルバイトだというだけで、
審査に落ちて、融資を受けられないのではと、思っていませんか。

 

金融機関の融資条件には、年齢制限の他に、安定した収入を得ていることが、
あげられます。
正社員でなければいけないと、
受け取ってしまうかもしれませんね。

 

安定して収入を得ていればいいわけですから、
決して正社員でなくてもアルバイトやパート、
契約社員、派遣社員などの方も、実際に借入者となっています。

 

アルバイトの方が、これから初めて、
キャッシングやカードローン審査を受ける場合、
金利や利息の負担もしっかり見越した上で、借入先を選べば出費を抑えられます。

 

次の給料日に返済できるなら、
最大30日間金利が、0になるキャンペーンを実施している、
貸金業者を、選んではいかがでしょう。

 

借入額が30日以内に、完済できるくらいの金額でしたら、
無利息キャンペーンを行っているところが理想的ですが、
ある程度、長期的にお金借りたいなら、金利の低さを重視する方がお得です。

 

融資を受けられるところというと、銀行ローンや、テレビCMや広告で、
目にする機会の多い、大手消費者金融が思いつくかもしれません。

 

金利が有利なのは銀行カードローンであり、
消費者金融は比較的金利が高めですが、
その分、借入審査の対応が、スピーディなことなどのメリットがあります。

 

申し込みをするときは、必要事項として個人情報を申告します。
アルバイトでも審査の対象になりますので、
ウソを記載・入力しないようにしてください。

 

信用できる人かどうかが、審査の大きなカギだからです。
信頼してもらいお金を貸してもらうためには、正直な申告をすることが必須条件です。

 

例えば、年収を実際より多めにしたり、他にもフリーローンなど、
2社から、借り入れしているのにもかかわらず、していないことにするなど。

 

審査に不利になる可能性が高そうなことでも、
個人信用情報機関に、照会されてしまうので、
虚偽の申告は、簡単にバレてしまいます。

 

信用情報には、他に借入件数が複数あることや、
どこの金融機関から融資を受けていて、借入残高がいくらあるかなど、
借金に関するデータが、いろいろ登録されていますからウソがつけません。

 

2社から借り入れしていて返済額が大きくなり、負担が増して、
毎月の返済日に間に合わせるのが、いつも一苦労だという場合は、
おまとめローンを、利用するのも一つの方法です。

 

2社ならまだいいですが、もっと多くの金融業者から、
借り入れする必要がでてきたら、借入件数が多いことは、
審査に、マイナスに働きます。

 

多重債務者だということで、審査落ちしてしまったり、
可決できたとしても、借入限度額が希望より、
少なくなることにつながりかねません。

 

小口融資を複数から受けていると、
少ない利用限度額でしか、可決されない人ということで、
審査に、マイナスの印象を与えてしまいます。

 

逆に、1カ所にまとめて大口融資ができていることの方が、
総借金残高が同じであっても、多額の貸し付けをしても、
返済能力がある人だと判断された人として、高評価につながります。

 

そうなるための手段として、
おまとめローンに、借り換えをすることは有利といえるでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

 

お金借りたいアルバイトが可決するためのポイント

アルバイトがお金借りたいとき、安定した収入を得ているなら、金融機関の審査に、
通過する可能性はあります。

 

当然、2社から、
借り入れすることも夢ではありません。

 

より、審査に通る確率を高めるためには、
同じアルバイトでも、
ポイントを押さえているかどうかで、
結果に、違いがでてくるでしょう。

 

金融機関側は、安定収入を得ている人なら、
貸したお金を、きちんと返済してくれると、判断します。

 

そのため、勤続年数が少なくとも、
1年以上ある人の方が、審査に有利です。

 

勤続年数がまだ少ないときに、借り入れを断られたという場合は、
時間にゆとりがあるようでしたら、1年以上勤めあげてから、
再チャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

申し込みフォームには、加入している保険の種類の項目がありますが、
社会保険の方が、国民健康保険よりも審査に有利です。

 

アルバイトと正社員のどちらが、
大口の利用限度額が可決されるかといえば、正社員だといわれています。

 

理由は、もし職場の業績が悪化したときに、まず先に人員削減されるのは、
正社員よりアルバイトなので、雇用が打ち切りになるリスクが、
より、高いことなどがあげられます。

 

雇用形態がアルバイトだというだけで、
初めて申し込みをして可決される利用限度額は、
最高でも、50万円くらいになるでしょう。

 

ただ、キャッシングがスタートしてから借り入れをし、
返済日を守ることを繰り返していけば、利用を開始したばかりの当初よりも、
信頼度が、アップしていきます。

 

利用限度額の、見直しの申し込みができる時期がきますので、
そのときに積み上げた信頼が功を奏して、
もっと高額な、限度額ができるようになることもあるでしょう。

 

最初は、希望した利用限度額に届かなかったとしても、
あきらめずにクレジットヒストリーを蓄積させていけば、
借りたい残りの金額のために、
2社から、借り入れしなくても済むかもしれません。

 

カードローンやキャッシングに申し込みをすると、
これまでの、他社からの利用状況が、チェックされ審査結果に反映されます。

 

お金を貸しても、利息をつけて、
きちんと返してくれる人を、見極めるのが審査ですので、
過去に金融事故を起こしている人は、審査のマイナス評価につながります。

 

具体的に審査に影響する金融事故とは、
ローンの返済を3カ月以上延滞したり、債務整理を行っていることです。
債務整理には、自己破産や任意整理などの種類があります。

 

これらを経験していたからといって、
決してお金借りたい場合でも、一生借りられないというわけではありません。

 

個人信用情報機関に、データとして登録されることで、
審査担当者に知られるのですが、そのデータは5年〜10年後に抹消されます。

 

5年〜10年経過して、信用情報の記録が消える前に、
お金借りたいときが来たら、大手は難しいとしても、
中小消費者金融なら、相談に乗ってくれるところもあります。

 

ただ、中小消費者金融も、返済能力の有無を判断して、
可決や利用限度額を決めますので、決して審査が甘いというわけではなく、
審査落ちする可能性も、十分ありえます。

 

▲メニューに戻る

 

 

アルバイトでお金借りたいなら楽天とみずほ2社から借り入れ!

アルバイトをしていて、お金借りたいとき、どこの金融機関なら、
融資をしてくれるでしょうか。

 

公式ホームページなどを見てみると、
アルバイトの方に、融資をしていると記載しているところがあります。

 

いろいろな候補がある中で、できれば金利が低い、銀行カードローンから、選んでみてはいかがでしょうか。

 

アルバイト可としている、
楽天銀行カードローンと、みずほ銀行カードローンをご紹介しますので、
2社から借り入れしたいと、お考えのときなど参考にしてみてください。

 

楽天銀行カードローンは、正式には「楽天銀行スーパーローン」といいます。

 

ネット通販などを利用していて楽天会員になっているなら、
楽天銀行カードローンで、借入れや返済をすると、
楽天ポイントが、加算されますのでお得感があります。

 

借入先が銀行ですから、貸金業法の総量規制の対象外ということで、
利用限度額が、年収の影響を受けずにすみます。

 

一般的なカードローンはというと、希望の限度額が50万円以上。

 

または他の金融会社から借りている分も含めての、
合計金額が100万円以上になる場合、
本人確認書類の他に、収入証明書の提出も必要になります。

 

楽天銀行カードローンの場合は、
300万円以上になる方のみ、収入証明書を用意すればいいので、
大口融資希望でも、用意する書類が少なくすみます。

 

楽天銀行スーパーローンは、
申し込みをしたその日に、融資を受けることも可能です。

 

混雑状況によっては日数がかかるとのことですので、
確実に即、日融資を希望する場合は、
早めに申し込みをした方が、無難でしょう。

 

みずほ銀行カードローンは、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員などの、
非正規雇用の方も、審査の上借り入れができます。

 

安定した収入を得ているという条件は、
毎月1回給与を受け取れる方の他に、2カ月に1回のペースでもOKだそうです。

 

年齢制限は、契約するときに、満20歳以上満66歳未満であることです。

 

みずほ銀行カードローンは、
オリコ(株式会社オリエントコーポレーション)が保証会社ですので、
オリコが行う審査に、通過しないと借り入れすることができません。

 

銀行カードローンというと、
一般的にその銀行の口座を持っていなければ、
借り入れができないところもありますので、
口座を持っているか、作ってもいいところから選ぶ必要があります。

 

みずほ銀行カードローンも、
みずほ銀行の普通預金口座を持っていないと、
カードローンが、利用できません。

 

まだ、みずほ銀行に口座は持っていないけれど、
新しく開設しても構わないという場合は、
カードローンの申し込み時に、一緒に開設申し込みができます。

 

審査は保証会社であるオリコが行っていますが、
以前にみずほ銀行に関係するやり取りで、金融事故を起こしていると、
そのことが原因で、審査落ちする可能性が高くなります。

 

個人信用情報機関のデータは、
5年〜10年経過すれば抹消され審査に影響がでませんが、
銀行内の資料として、保管することはできます。

 

みずほ銀行カードローンに限ったことではありませんが、
以前の事故情報と、照らし合わせて審査落ちする可能性が高い場合は、
別の金融機関に、申し込みをした方が可決する確率が高いでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

 

アルバイトでも2社から借り入れる?

銀行カードローンや、消費者金融キャッシングからお金借りたいとき、雇用形態がアルバイトの場合、
2社から、借り入れすることは可能なのでしょうか。

 

借入先が、消費者金融などの貸金業者の場合、貸金業法の、総量規制の対象となることから、
年収の、3分の1までしか、
融資を受けることができません。

 

同じアルバイトの方でも、年収の金額には幅があります。

 

学生をしながらや、主婦業のかたわらアルバイトで働いている場合、
年収が100万円くらいだとすると、3分の1は33万円くらいとなります。

 

フルタイムでアルバイトができる方ですと、
年収は、だいたい200万円近くが可能です。

 

ということは、200万円÷3で65万円くらいの融資が受けられます。

 

アルバイトの方が、金融機関に申し込みをすると、
初回は、約50万円以内ではないかといわれています。

 

総量規制の上限いっぱいの、約65万円まで融資を受けたいなら、
2社から借り入れできれば、十分ということになります。

 

では、雇用形態がアルバイトではなく会社員だったら、
2社から借り入れどころか、3社も4社も、可決できるのでしょうか。

 

一人でたくさんの金融業者から融資を受けると、
多重債務者となってしまいますので、審査に通りにくくなります。
いずれしても、借り入れは難しいでしょう。

 

4社を超えてしまえば、多重債務者とされて、
審査落ちに、つながる可能性が高くなります。

 

3社でも、あまり審査にいい印象を与えませんので、
結局アルバイトでなく、正社員でも大きな変化はないかもしれません。

 

正社員の方が、一カ所の金融機関で可決できる、
利用限度額が、高くなる可能性はあります。

 

借金の総額は、アルバイトより、正社員の方が、
高くさせられるかもしれませんが、
借入先数は、大きな差は生まれなさそうです。

 

2社から借り入れ程度ではすまなくなり、多重債務になりそうになったら、
おまとめローンで借り換えをし、すでにある借金を一本化する方法があります。

 

いずれにして、も金融機関からお金借りたいときは、
慎重に判断することが、大切です。

 

▲メニューに戻る

 

 

2社から借り入れ以外にクレジットカードのショッピング枠も

クレジットカードを持っている方や、申し込みをしたことがある方なら、
ショッピング枠と、キャッシング枠の、2種類の機能があることをご存知でしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、
現金を引き出すことができますので、お金借りたいときに便利です。

 

キャッシング枠の利用は、金融機関から借金をするのと同じようなものです。
例えば、消費者金融2社から借り入れをしていて、
さらにクレジットカードのキャッシング枠で、現金を借りていれば、
総量規制により、年収の3分の1の範囲を超えてしまうと、
利用ができなくなってしまいます。

 

しかし、クレジットカードのショッピング枠は、
貸金業法の総量規制の対象外ですので、カウントされません。

 

お金借りたい目的がお買い物の場合で、
所有しているクレジットカードが、利用できる店舗の商品を購入したいのでしたら、
ショッピング枠を活用した方が、使えるお金が多くなります。

 

ただ、アルバイトであろうが正社員であろうが、
借りたお金を使ったら、最終的に返済しなければならないのは同じことです。

 

借りるときはいいですが、返済するときは、
元金だけでなく、利息をつけた金額が出ていきますので、
使えば使うほど、マイナスが生じていきます。

 

クレジットカードのショッピング枠だから、
総量規制を気にせずにすむと、気兼ねなくどんどん使っていると、
収入と支出のバランスが、崩れる原因になりかねません。

 

お金借りたいときに、大変便利ではありますが、
くれぐれも気を付けて、計画的に活用するようにしましょう。

 

お財布に現金がないとき、口座に残高があれば、
ATMなどまで、引き出しに行く手間がかかります。

 

わざわざ移動して、お金を引き出さなくてはいけないことで、
本当に必要なものや、サービスなのかを、冷静に考えることにつながります。

 

クレジットカードのショッピング枠は、
カードを提示するだけで、すぐに買い物ができてしまいます。

 

その便利さから、本当に必要かを考えないことにつながらないよう、
ショッピング枠の利用時にも、慎重さを欠かしたくないものです。

 

▲メニューに戻る


トップ 多重債務可おまとめローン 多重債務可借入無料相談 借金整理の匿名無料メール相談