金 ない 借りれない

金がない借りれないどうしよう?

  1. 審査の甘い中小消費者金融はあるけれど
  2. キャッシングはしない その考え方もあり
  3. まずは借金問題解決で
  4. 正規金融業者のキャッシング、解決は自分で?
  5. 借りられないときには借りない!

 

 

審査の甘い中小消費者金融はあるけれど

急に必要になるお金は、
借りるが、スタンダードです。

 

最近は借金と言っても、キャッシングや、カードローンで、
簡単に借りられるので、クレジットカードのキャッシング枠とか、
消費者金融の利用で、その場を乗り切る事ができます。

 

それを知っている方は、とっくに利用していて、
既に借りられない状態になっている、
そんな方も、いることでしょう。

 

さあ、どうする?

 

先ず審査落ちが大手消費者金融の場合

消費者金融カードローンの審査落ちが、
大手消費者金融の場合。

 

中小消費者金融の、
借入ができる可能性があります。

 

クレジットカードのキャッシング枠も、
大手消費者金融カードローンも、
使えない場合は、甘い審査の消費者金融、
中小消費者金融の、検索されたところへ相談をしてみて下さい。

 

まだ借りれる可能性があるのは、
収入がある方と、現在多重債務でも、
年収の、3分の一以内しか借りていない方です。

 

大手消費者金融以外は気がひける

ぽんと、中小消費者金融で借りてみたら?と言われたとしても、
ネームバリューのない、金融業者での利用は少し緊張します。

 

しかし、大手消費者金融と中小消費者金融の違いは、
審査だけではなく、借金に対する考え方です。

 

中小消費者金融は、多重債務や債務整理でも借りれるとされています。
もちろん審査ありですが、中小消費者金融では、
カードローンで限度額を貸すというよりは、
足りない数万円の、キャッシングができると思って下さい。

 

ですから、お情けではないのですが、
現在借りれるだけのキャッシングの審査には、通るという感じです。

 

なので、できれば完済可能な小口融資を、
中小消費者金融で、最終的に借りることが良いでしょう。

 

 

多重債務の1つが完済に近い

現在、多重債務の審査落ちの場合、あと少しで、
完済できるのであれば、中小消費者金融の借入ではなく、
なんとか完済をしたままで、新たに、
大手消費者金融の申し込みが、おすすめです。

 

やはり、中小消費者金融では、
甘い審査ですが、大手消費者金融より、金利が高いです。

 

WEB完結もできないですし、即日融資もないです。

 

ブラック対応ですが、一度手を付けたら、
ずっと借りてしまうかもしれないと、思われる方は、
わざわざ中小消費者金融の利用ではなく、少し待つのもありです。

 

いやいや、急いでお金がほしいのだけど、という場合も、
完済前の借金があるときには、日雇いバイトでも行って、
新たな中小消費者金融の申し込みは、おすすめしないです。

 

矛盾?

確かに、ブラックでも借りれる、
中小消費者金融で、正規金融業者なのは、安心です。

 

しかし、1つ多重債務が減る直前の、利用はしないことです。

 

どうしよう?と言いながら、生きててけるのであれば、
延滞の危険がないのなら、借金はしないことです。

 

▲メニューに戻る

 

 

キャッシングはしない その考え方もあり

お金がないけれど、
絶対に、借金はしたくない方かもいます。

 

ずっと昔なら、質屋でお金を借りることはできました。

 

今で言う、担保ローンみたいなものですが、
質屋で売るという形は、ネットオークションサイトなどで、
不用品を、お金にすることができます。

 

今ないお金が一時的なものなら、
ネットオークションなどは、良いでしょう。

 

メルカリなども使えます。

 

落札者の金額で額は変わりますが、
家にあっても要らないものであれば、
1円でも売れれば、ラッキーでしょう。

 

それだけでは足りない

借金をしたくない方は、
返済をしなければならないからだ。と言います。

 

10万円借りたとしても、
10万円を返すのではなく、金利が発生します。

 

キャッシングは15%以上はかかるので、
何気ないキャッシングの広告ですが、
案外と返済をしてみると負担は大きいです。

 

ちなみに、住宅ローンは1%未満のローンですが、
何十年もの返済期間で、
総返済額は、元金の倍近いものになっています。

 

金利が高いキャッシングでは、そうはならないのですが、
返済が負担、大変だから借りないという選択もありです。

 

キャッシングの雪崩現象

借金は、1度行うと、
その手軽さであっという間に、多重債務もできます。

 

それが、あれよあれよと言う間に多重債務、
債務整理ということになることが、多いのです。

 

ですから、借りるのではなく、売る、働くで、
最後まで、キャッシングに抵抗している方もいます。

 

 

簡単に借りられるのに

キャッシング経験者にしてみれば、そんな感じでしょう。

 

ただ、自制心がなければならないのは、
審査落ちを経験している方の、実感です。

 

消費者金融は、年収3分の一の総量規制しか借りられない。
多重債務も、ある程度件数が決まっている。

 

多重債務になると、金利だけで、
戸惑ってしまうなどの事情は、いろいろです。

 

総量規制も借りない、
本当にすぐに返せるだけのお金を入手したいのなら、
キャッシングがおすすめです。

 

そして、自分は借り続けそうとか、怖いと思っている方は、
ネットオークションや、日雇いバイトなどの対応で、
最後迄、キャッシングはしないことをおすすめします。

 

キャッシングをしないことの功罪

キャッシングしないと、お金がない。

 

借りられないのではなく、
借りないのですから、仕方のないことです。

 

いよいよ働けないとか、生活困窮者になってしまったら、
役所で、社会福祉協議会などで、
生活福祉資金貸付などが、あります。

 

その時に、キャッシングなどをしていないと、
すぐに借入ができるのです。

 

もし、借金やキャッシングが原因で、
福祉資金などの要求をしたとしても、
債務整理が、先になってしまいます。

 

キャッシングしてなくて良かった、そんな事もあるのです。

 

▲メニューに戻る

 

 

まずは借金問題解決で

中小消費者金融の審査に通らない、
お金が借りれない場合。
まずは、キャッシング生活はお休みです。

 

大手消費者金融、中小消費者金融と借入をしてきた方にとっては、
その段階で、最悪のブラックリストの実感があることでしょう。

 

中小消費者金融の審査落ち

もうどこも借入ができませんよ。と、
担当者から、言われることがあります。

 

返済額が大きい、借入件数が多い、延滞をしているなど、
金融事故の種類は1つではないのですが、返済能力がなしの方は、
中小消費者金融での、キャッシングができないです。

 

借りられない現実を直視、
そうしたら、お金ないということに。

 

役所に行ってもムダ?

社会福祉協議会は、
福祉の観点から、生活を支えてくれます。

 

高齢者や障害者のものですが、
借金で、お金がない方に対しては案外と冷たい内容です。

 

債務整理をして、お金がないというのならわかるのですが、
多重債務で、お金が借りられないので、
生活福祉資金がほしいと言っても、対応してくれないのです。

 

要はその資金が、借金返済になってしまうからです。

 

 

働けないが基本

福祉資金の提供は、働けない、働いているけれど、
生活ができない方が、社会福祉協議会で、資金提供をします。

 

それが生活保護につながるのですが、
多重債務では、その対象にならないのです。

 

多重債務者で、中小消費者金融の借入ができない。
仕事はしないだけで、やろうと思えばできる場合は、
福祉資金の提供がなく、生活保護も、もらえないことになります。

 

法テラスなどに相談

借金のことは、法律で解決しましょう。

 

自分での債務整理も良いのですが、お金が本当にない。
そして、債務整理の内容がわからない、自信がない方は、
収入が低い方なら、法テラスの利用ができます。

 

債務整理前提として、弁護士の報酬なども前借りができ、
とにかく、現在の多重債務の解消と、自己破産などができます。

 

同時に、生活に関する相談もできます。

 

社会福祉協議会へも、債務整理後の内容であれば、
話し合いができますが、仕事第一で考えて、
日雇いバイトでも行うことです。

 

借金問題が解決するのなら

社会福祉協議会に、多重債務者や、自己破産者で、
まだ働ける方も、相談にいく方は多いです。

 

借金問題が解決しない状態で、働けないとか、
審査の甘いところと探し続けるだけで、
仕事もできないと、突っぱねる事があります。

 

ところが、法テラスなどで、借金解決の道筋が見えてくると、
働く意欲も、わくと言います。

 

今までは借りることに躍起になっていた方も
、この借金解決できる?とわかると、
自分でも意外なほど、仕事意欲がわくといいます。

 

▲メニューに戻る

 

 

正規金融業者のキャッシング、解決は自分で? 

キャッシングを、正当な方法以外で行った場合、
債務整理はできません。

 

闇金、個人間融資、
クレジットカードのキャッシング枠などです。

 

正規金融業者以外の利用については、
債務整理もできなければ、交渉で減額などができないのです。

 

ですから、お金を借りる場合には、
返済ができない時の、債務整理が可能にできる、
正規金融業者が良い。と、言われています。

 

債務整理なんて、そんなに大切なこと?

 

お金が借りられない

その理由が、多重債務だったとします。

 

すべて正規金融業者のカードローンや、
中小消費者金融のキャッシングでは、債務整理ができます。

 

そうすると、債務整理宣言をした時点で、
返済がストップします。

 

あとは、金融業者との話し合いや、交渉になるのですが、
場合によっては、自己破産になることができます。

 

そうすると、この後の借金がゼロ、支払い義務がなくなります。

 

ということは、要するに、
多重債務の返済をしなくても良い=借りなくて良いことになるのです。

 

これが、違法業者の借金で、債務整理ができないと、
永遠に返さなくてはならない場合があります。

 

最も違法業者に関わった場合も、
弁護士などに相談ができますが。

 

とりあえず、大手消費者金融などでのキャッシングでは、
債務整理で、借金そのものをキレイにすることができます。

 

 

自分でお金は作っておく

ネットオークションなどの利用で、
売れるものは売るなどの、努力は必要です。

 

投資でお金を作るのは、あまり感心しない方法ですが、
日払いのバイトなどで、コツコツと稼ぐのはありです。

 

オークションなどでは、販売者にまわると、
なかなか売れないジレンマも大きいですし、売れるものは限定的です。

 

必ず、働くことを基本に。
借りすぎた借金は、債務整理。

 

そして、借金はないけれどお金がない方で、
借りられない場合は、社会福祉協議会などで、相談をして下さい。

 

生活保護は誰でも対象ではない

お金にこまったら役所にというのは、
誰でも、対応できることではないです。

 

働けないことが基本であり、
普通の仕事ができる方は、対象外です。

 

キャッシングができる方は、仕事をしていることが前提です。

 

それで作った借金で、
生活が苦しいのであれば、自分で解決をということになります。

 

消費者金融、銀行カードローンなどでの審査落ちで、
借りられない生活保護というのは、淡い考えです。

 

どうしたら良い?

役所ではすぐに解決がつかないことが多いのですが、
多重債務であれば、弁護士などの借金相談や、
消費者センターなどの利用が妥当です。

 

お金貸して下さいではなく、
今の状態打開のための、対策を考えてもらうことです。

 

▲メニューに戻る

 

 

借りられないときには借りない!

 

お金がない、借りられない。

 

全てが乗り越えられない場合、
ブラックであることで、大変なことは多いです。

 

家の中のものをネットオークションで、
落札者を待つことは、少しのお金を作ることができますが、
投資などで、一発当てようは危険です。

 

生活ができないほどではなく、
少しお金がないと困る方は、
日払いバイトなどで、凌ぐしかないでしょう。

 

どこからも借入ができないのですから。

 

カードローンの審査落ち

そうなってしまうまでの過程も、大切です。

 

審査落ちの原因として、多重債務や、債務整理後などがありますが、
収入が少ないなども、審査落ちになることを知らない方はいます。

 

なんと仕事もしていないのに、大手消費者金融で、審査落ち。
怒っている方もいましたが、
返済もできないのに、借入は絶対にできないです。

 

多重債務は単に借り過ぎです。

 

中小消費者金融でも、審査落ちということは、
債務整理しかないです。

 

それがなかなかできなくて、
闇金や、個人間融資にいく方もいます。

 

借りるのはNG、働くこと

自己破産でも、借りられる中小消費者金融ですが、
債務整理直後のキャッシングは、できないです。

 

審査は大丈夫じゃない?
という方もいますが、少し間を開けなければならないのです。

 

そして、極めつけとしては、
自己破産後1ヶ月程度の連続勤務では、借りられないのです。

 

ブラックでも借りられるのは、
1年程度の勤務をしている会社がある方で、
日雇いバイトでも、NGです。

 

とにかく、審査落ちでは、
借りれない状態が、続くことになってしまうので、
そんな、簡単なことではないのです。

 

ブラック対応でも、
審査落ちが多いのは、このような理由からです。

 

審査落ちでブラックでは、
中小消費者金融で、借りられるのは本当に返せる人だけです。

 

審査落ちも多く、
そうした方は、もう借りられないはずです。

 

しかし、闇金や、個人間融資のキャッシングが存在していることで、
飛びつくこともありますが、債務整理ではない、違法業者の借金については、
その後の保証は、まるでないです。

 

借用書のある個人間融資も、信用情報にブラックにはならないですが、
返済額の保証もないですし、実は、闇金である可能性はとても高いです。

 

ブラック対象で、足りない資金供給と言いますが、
金利50%のやばい内容です。

 

闇金も多いですから、借りられない場合、
審査落ちでは無理に借りたいではなく、
債務整理や、借金しないでなんとかしなきゃと考えましょう。

 

借金相談ができる弁護士などはおすすめです。

 

その場で道筋などが通ることがあり、
借金があれば、債務整理も対応しています。

 

▲メニューに戻る


トップ 多重債務可おまとめローン 多重債務可借入無料相談 借金整理の匿名無料メール相談