多重債務 借入件数 少ない方が良い決まっている

多重債務の借入件数は少ない方が良いに決まっている

多重債務の場合は、借りたいけれど、借りられる可能性が最初から少ない場合が多いです。
金融会社としては、多重債務は返済リスクが高いと考えます。

 

1社で100万円と2社で100万円なら、後者の債務者の返済リスクを危ぶみます。
それでも、2社になったのは無利息期間をしたから等の理由があったとしても、個人信用情報機関的には、1社の方が印象は良いです。

 

 

審査が厳しい多重債務

多重債務は、もともと審査が厳しいとされています。
借りたい金額が少ないとしても、既に返済しなければならないお金がある方にとっては、また借りれるの?と本気で聞きたくなることです。必要だからとはいえ、返せるの?というのは本音です。

 

大手消費者金融では、収入にもよりますが、2社で100万円程度の借入がある場合は、その後の審査通過は簡単ではないでしょう。甘い審査も、中小消費者金融や街金なら相談に乗ってくれますが。

 

なんとか1社だけで完済できない?

キャッシングの極意としては、2社の多重債務は3社目にいく前になんとか、1社にしてほしいところです。それができれば借りないというのが正直なところですが。

 

大手消費者金融や銀行カードローンでは、2社目はなんとか借りいれができますが、3社は厳しいです。大手消費者金融と銀行カードローンのミックスでは、総量規制は無関係になるのですが、返済が大変になってしまうことは承知していることでしょう。

 

 

中小系消費者金融の審査

ブラック対応の中小消費者金融では4社までで、収入があれば、返済能力がある方のキャッシングができます。総量規制範囲内ですが、延滞等がないと、小口融資ができることは大きいです。担当者からの直接電話で話すことになるのですが、返済できると判断されることで、借りれる場合が多いです。

 

多重債務でお金を借りたい時には、中小消費者金融の甘い審査で完済ができる範囲内での借り方をすることをおすすめします。無理のない返済計画であれば、総量規制範囲内だけ借りれます。

 

ブラックリストでも借りれるということで

多重債務もブラックリストの一つです。
大手消費者金融で借入がではない、審査落ちで1つの金融事故がつくことになります。

 

この時にしてはならないのは、再び大手消費者金融に申し込みをすることです。
連続大手消費者金融申し込みは、申込ブラックになってしまい、それだけで金融事故を増やすことになります。ただ、中小消費者金融では、申込ブラックでも受け入れができるので、安心して申込ができますが、ブラックリスト全員審査通過の保証はなく、審査か受けられるというだけです。

関連ページ

多重債務でも借りれる中小消費者金融について
中小消費者金融では、借り入れ件数の範囲が4件にまで広がります。借入額は年収の3分の1と決まっており、返済がうまく出来ない場合は総量規制範囲内でも審査落ちです。返済能力によって変わりますので、ブラック対応でもこのような基準はあります。
まとめローンでなんとかしたい?
多重債務者が考えるお金の借り方は2つあり、一つは新規キャッシングですが、もう一つはまとめローンとしての借り換えです。多重債務を一つのローンにして、金利が低く返済額を少なくするのです。負担額を小さくすることが可能ですが、長期にわたる返済は大変な事です。
多重債務者と中小消費者金融の借り方
数箇所からお金を借りている多重債務者が、お金を借りたい時には、最初から中小消費者金融や街金に行くことをおすすめします。融資の審査では、収入と信用情報によって、審査通過が違うので、甘い審査で債務件数も4件までと広い街金などが良いのです。必ず返済能力が無いといけませんし、基本的に小口融資となります。
多重債務は債務整理をしろ!
多重債務者の新規キャッシングは難しいです。まとめローンにしても、新規キャッシングにしても、返済負担が増える可能性が高いので、債務整理をしましょう。借金の減額を行うのです。元金を小さくするのです。多重債務で無理して借りず、債務整理でブラックリストとなることも一つの手段です。

トップ 多重債務可おまとめローン 多重債務可借入無料相談 借金整理の匿名無料メール相談