多重債務 借りれる 中小消費者金融について

多重債務でも借りれる中小消費者金融について

多重債務でまだお金を借りたい時、問題になるのは借入件数と借入している金額です。
消費者金融ですべて1万円とか、少額であれば、借りれることがあります。

 

大手消費者金融では多くて3件、銀行カードローンでは2件程度。
中小消費者金融にいくと借入件数が4件まで範囲が広がります。

 

そして、借入額は、年収3分の一です。
銀行カードローンはそれよりも多少多いくらいです。

 

 

限界の基本の多重債務者

年収300万円の場合 総量規制100万円
大手消費者金融 2社 90万円
銀行カードローン 2社110万円
中小消費者金融 3社95万円

 

この状態が、多重債務の限界とされる部分です。
この多重債務で、次に借りられるとしたら、中小消費者金融で総量規制範囲内ですが、審査通過率は低いです。大手消費者金融と銀行カードローンでは、これ以上の返済負担は無理と判断をします。

 

中小消費者金融の審査では、収入だけではなく、どうやって返済ができるかを確認した上で、判断されます。中小消費者金融では総量規制ギリギリの貸付も行うところもあります。
ですから、借りれる可能性もあります。

 

多重債務で審査通過はあとがツライ?

借金の必要があるから借りる。
確かにそうですが、返済の時になると負担になる場合があります。
それが、多重債務では、今の1万円ではなく、返済時に額が多くなってしまう。
大人の選択ですが、つい理性を失ってあとの考えず申し込みをしてしまうこともあります。

 

中小消費者金融では、その忠告もあり、返済がうまくできない場合は、総量規制範囲内でも審査落ちにします。反対に返済が出来ると判断されると、意外にも借りれる結果になります。
中小消費者金融の審査は流動的で、多重債務者の返済能力によって変わります。

 

これなら借りれるというよりは、多重債務ではこうなったら借りれないということも簡単には表現できないです。返済ができると判断されたら、借りれるかもしれないとしか言いようがないです。

 

年収300万円、大手消費者金融2社で3社目の審査落ち

借入額が30万円程度なら、中小消費者金融での借入はできることが多いです。
あくまでも返済に余裕があることを求められることでしょう。

 

ブラック対応とか、ブラックOKの多重債務の部門では、返済ができる多重債務者が対象になります。はっきりいうと、ギリギリ総量規制でなんとかしたい方の審査通過は難しい友いわれています。金融会社としては、すぐに返済ができないという事態は回避したいところです。

関連ページ

まとめローンでなんとかしたい?
多重債務者が考えるお金の借り方は2つあり、一つは新規キャッシングですが、もう一つはまとめローンとしての借り換えです。多重債務を一つのローンにして、金利が低く返済額を少なくするのです。負担額を小さくすることが可能ですが、長期にわたる返済は大変な事です。
多重債務者と中小消費者金融の借り方
数箇所からお金を借りている多重債務者が、お金を借りたい時には、最初から中小消費者金融や街金に行くことをおすすめします。融資の審査では、収入と信用情報によって、審査通過が違うので、甘い審査で債務件数も4件までと広い街金などが良いのです。必ず返済能力が無いといけませんし、基本的に小口融資となります。
多重債務の借入件数は少ない方が良いに決まっている
多重債務の人は最初から借りられる可能性が少ないです。もともとの審査で厳しく判断されるのが多重債務なのです。そんな中で、中小消費者金融や街金であれば、甘い審査で4社までで、収入があり、返済能力が見込めればキャッシングができるのです。金融事故対応ということなのです。
多重債務は債務整理をしろ!
多重債務者の新規キャッシングは難しいです。まとめローンにしても、新規キャッシングにしても、返済負担が増える可能性が高いので、債務整理をしましょう。借金の減額を行うのです。元金を小さくするのです。多重債務で無理して借りず、債務整理でブラックリストとなることも一つの手段です。

トップ 多重債務可おまとめローン 多重債務可借入無料相談 借金整理の匿名無料メール相談